玄関・廊下・階段

ここが危ない! 玄関・廊下・階段

日本家屋の玄関はどうしても段差が生まれます。若い方でも靴を脱いだり履いたりするときにはバランスを崩しがち。
まして年配の方には、玄関の段差は要注意。また階段も同じように気を付けなければならない場所。
大きな事故につながらないうちに、早めのリフォームが肝心です。

靴を脱いだり、届いたりする玄関には、式台やベンチや手摺りを設けましょう。

❒ 昇り降りに安心の式台

一段高い上がり框は筋力の衰えているお年寄りには酷な存在です。大きな事故につながないよう、式台などを配置して、歩行の手助けを。

昇り降りに安心の式台

❒ 靴の脱ぎ履きに便利なベンチ

玄関には靴を脱いだり履いたりするときに便利なベンチをおすすめします。使わないときに格納できて、ジャマにもならず、スッキリ。

靴の脱ぎ履きに便利なベンチ

❒ 足元を安全に照らすホタル照明

深夜、明かりのない階段を歩くのは不安なもの。そんなとき、足元をほのかに照してくれるホタル照明はとても重宝です。

足元を安全に照らすホタル照明

❒ 安全に配慮した連続手すり

手摺りは可能なかぎり連続して設置するのが理想的。伝い歩きが可能で、途中で途切れたりすると、かえって事故につながります。

安全に配慮した連続手すり

 データは語る! 家庭の中は安全、それは錯覚です。早い段階から安心の備えを万全に!

60代を過ぎると約3割の人がつまずきを感じはじめます。

※都市生活研究所調べ

60代を過ぎると約3割の人がつまずきを感じはじめます。

 自分でつまずきやすくなったと思う


高齢者は家庭内でも多く事故にあっています。

※厚生労働省
『平成11年人口動態統計年報Jから

高齢者は家庭内でも多く事故にあっています。


目は50代には実感できるほど衰えます。

※「日本人の体力標準値」
(東京都立大学身体適性学研究室編)から

目は50代には実感できるほど衰えます。

 加齢による視力の変化


高齢者の事故は家庭内の様々な場所で起きています。

※国民生活センター
「家庭内事故に関する調査報告書」から

高齢者の事故は家庭内の様々な場所で起きています。

お問い合わせはこちら

 会社概要

社名: 株式会社未来ホーム
 電話番号: 04-7137-7655 
 住所: 千葉県流山市流山2丁目297-1
  キャッスル流山103

❒ サービスエリア

千葉県、埼玉県、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、神奈川県、山梨県